読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOLは弱くても勝てます【ブログ】

League of Legendsについての攻略情報ブログです。出来るだけ役立つような記事を書くつもり。毎日更新頑張れない。

LOL初心者向けおすすめ記事まとめ   LOL弱の配信

LOLの上手さとSoloQの上手さは違う―Carryする能力と言うのは―

f:id:Namasuo:20151125190448p:plain

私が「LOLの上手さ」だと考える部分は、

一つは個人技術、二つ目はチームアップ技術。この2点に尽きると思っています。

CSや戦術や知識、プールの広さやコール技術も全てこの2つに集約できると思います。

 

しかし、SoloQは違います。

SoloQ重要なのはゲームに対する基本知識と無知な味方の扇動能力です。

そしてその扇動能力を得るために、Carryという行為が必要であり、

また扇動自体が結果としてCarryそのものになるわけです。

だからCarryする能力が重要とみんな言うのだと思います。

味方とチームアップする能力ではなく、味方にチームアップをさせる能力です。

もちろん「LOLの上手さ」もある程度必要ですが、重要なのは後述した能力です。

 

Carryする能力と言うのは

Carryする能力と言うのはそもそも、

レーンで勝つことでは有りません。KDAを3以上に維持することでもありません。

一人でインヒビまで折ることでもありません。「味方をその試合に勝たせる事」です。

勝てなければどんなにスコアが良くてもCarryしたとは言えません。ただのゴミです。

ですからゲームを勝たせることが出来ればCarryしたと言えますし、

その過程はCarry中と言えるでしょう。そして貴方の知識が正確であれば、

扇動する事はCarryする事になり、Carryしていなければ扇動する事は難しいでしょう。

ちょっと意味不明で哲学的な文章になってしまいましたが、要は、

 

 

君が活躍していないと味方はいう事を聞いてくれない。

味方がいう事を聞いてくれないと勝てない。勝てないという事は君も活躍できない

君が活躍していると味方はいう事を聞いてくれる。

味方がいう事を聞いてくれると勝っていける。勝ってるいけると君も活躍できる

 

 

という、まぁ、たまごが先か鶏が先か見たいな話しなんですが、

LOLのSoloQにおいては、そのスタートが「先ずキルを産む」ことになるでしょう。

同等のランクの相手と1:1で難しいのであれば、ジャングラーを呼びましょう。

レーン内で勝つことが難しいならRoamして他で育ってから1:1で勝ちましょう。

レーンで勝つことの様々な定義に関しては以前書いた

この記事内で説明しておりますので、読んでいない方はご確認下さい。

 

 

先ずは自分が育つことを考える。(美味しい所どりでもいい)

その次に、そのアドバンテージを味方に還元する。

これがSoloQの勝ち方です。「LOLの上手さ」はこれだけじゃ有りません。

味方と通話を繋いだ上で連携する能力や戦術などは、SoloQでは永遠に培えません。

しかしSoloQでも通話を繋いだ時用のショットコールの下地は培えます。

その辺の必要とされる能力が違う部分が、

ノーマル、SoloQ、TeamRankedにはそれぞれ違って存在しているという事です。

↓↓↓↓↓ノーマルとSoloQの違いについては↓↓↓↓↓

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

 

まとめ

SoloQにおいては、

・自分のスコアが良くないと味方がいう事を聞かない

・味方が言う事を聞かないと勝てない。

・勝てないという事はCarryできていないということ。

・自分のスコアが良くても味方を扇動できなければCarryできてないと言える

自分のスコアが良くてもゲームに勝てなければCarryできてないと言える。

・この能力はLOLの本質的な上手さとは別の部分だが、

 SoloQのレート向上のためには必要不可欠だから頑張りましょう。

 

以上です。

これがSoloQの上手さです。

強くなくてもキルの切っ掛けになるよう味方に寄ったり味方に寄らせたりして、

スコアを作り上げて味方を扇動する能力がSoloQの上手さになります。

1:1なら操作技術で常に勝てる強さが無くても、

扇動というSoloQ独自の上手さでレーティングをDiaまで持っていくことは可能です。

よくキャリー力が大事と言われるのはこの事だと考えています。

 

以前↓この記事でお伝えしたときは上手さは知識だと言いました。

これも間違ってはいないと思っています。

つまり上手さにもいろいろ種類があるよって事です。

いろんな上手さ、いろんな武器を手に入れて、上達していきましょう。 

本日のイラスト協力:Tricky様

 

後書き。

よく言われる「回数こなしても下手なプレイがうまくなるだけ」と言うのは、

焦点が何処か分かりませんが、Rankedにおいてはチームアップ技術を活かす為の、

「扇動能力」が最も大事だと考えてます。「指揮官能力」「統率能力」と言うか。

そこには当然コミュニケーション能力も含まれます。

罵倒や中傷、嫌味に聞こえないように味方にプレイを改善してもらう作戦です。

味方同士が喧嘩していたら、宥めて宥めて勝ちまで連れて行ってやる「大人力」です。

ついでにいうと、AFKが出たら勝てないゲームなんですから、

AFKが出ないようにする能力もレーティングのうちです。

 

文中は自分でも頭がこんがらがりそうだったので、

読手の方はもっと大変かもしれませんが、

まぁ、わけ分からんって人はまとめだけ読んで頑張ってくれ…。

 

あー、あと昨日の記事はごめん。情報として遅すぎましたね。

有益な部分もあると思うけど、パッチに対してのアンテナが腐ってた私のFailです。