読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOLは弱くても勝てます【ブログ】

League of Legendsについての攻略情報ブログです。出来るだけ役立つような記事を書くつもり。毎日更新頑張れない。

LOL初心者向けおすすめ記事まとめ   LOL弱の配信

【第一回】日本最弱からゴールドへの道!~LOL弱コーチング企画始動!~

f:id:Namasuo:20160630072539j:plain

皆さんは日本最弱のプレイヤーをご存知だろうか?

私は今、の協力の下にコーチング企画を行っている。

夢シャボン@日本鯖最弱 on Twitter : 日本で一番LoL弱い人は僕です。】

しゃぼん氏のプロフィールとコーチングまでの経緯

2016年

2月初旬 LoLを始める。Lv20まではCOOP、lv20~30はノーマル。

4月初旬 レベル30。よく使っていたのはアッシュ、アーリ、トリス、シンジャオ。

4月中旬 プレースメント3勝7敗、Bronze1に配属。

4月下旬~5月初旬 Bronze2~3をうろちょろ。

5月中旬 Bronze5に降格。今までに意図的に負けたりAFKやDCは一度も無し。

5月28日 コーチング開始。

 

養殖ではない、天然のBronze5/0LPだ。

普段は対応しきれない為、コーチングは有料対応*1だが、

私は私の売名とコーチング能力の実証のという自己利益の為、

彼は彼のレーティング向上の為、互いの利益が一致してコーチング企画を開始した。

~コーチング始動~

私が先ず目指したのは、運ゲーを制することだ。

本来ダイヤモンドを目指すためには、普段このブログで、

【弱い味方でも自分の力でキャリーしなければならない】

【SoloQにおいて互角では負けと同義】というスタンスで教えてきた。

 

しかし彼は日本最弱。Bronze5の0LP。勝率28%。ここから導き出される答えは一つ。

敵より強い味方の時でも強烈に足を引っ張って負けていると言うことだ。

もう一度言おう、今現在Bronzeに居るプレイヤーは、

 

味方が強くても負けている!!

 

これを先ず肝に銘じて欲しい。その導き出された答えから、

私が考えた目標は、先ず味方が強い時は勝てるようになる!ことだ。

その為に最初に幾つかの縛りの様なコーチングを行った。

それは毎日ランク1戦以上、負けたら必ずリプレイを見る、ビルドの固定化だ。

そして私は出来るだけ毎日ランクのリプレイを見てコーチングする事にした。

 

ロール/チャンピオン/ビルド/ルーン/マスタリ/スキルオーダーの固定化

先ずはAhriだった。コアビルドの素材購入順まで含めて固定した。

ルーンf:id:Namasuo:20160630070411j:plain マスタリーf:id:Namasuo:20160630070419j:plain 

コアf:id:Namasuo:20160630070614p:plain 初手f:id:Namasuo:20160630070449j:plain

はっきり言って【つまらない】ぞ。

例えるならカードゲームでカード編成禁止されているようなもんだからな。

普段自分で考える力を養えと言っているにも拘らず、

自分で考えることをこの5つの部分に関して完全に放棄させている。

正直本人のモチベが何処まで続くか心配ですらあった。

 

しかしこれは必要なことだ。⇒君のビルドがゴミ糞だからレートが上がらないんだよ?

右も左もわからない、自分のチャンピオンの能力も、コンボも、ビルドも、

敵のチャンピオンンのスキルも、バーストダメージも、移動速度も、

オブジェクトも、MinionWaveについても、リコールについても、

何もわかっていない状況で、全部自分で考えろと言っても無理な話しだ。

【チラ裏】Tierを上位%や偏差値で表記したらこうなる!!

この記事で書いたとおり、

Bronze4以下は勉強で言うと偏差値30だぞ?偏差値30の学生に、

教科書も与えず問題だけ解かせて、自分で考えろって言っても絶対に出来ない。(天才以外は)

だから最初は、考えなくても答えを見れば直ぐに使える部分は、答えを与える

そうすることでコーチが実際には手が届かない、プレイ中の操作や判断などに、

自分で考えることの容量・キャパシティーを割けるようになる。

 

ビルドも完全固定、Zedだろうとゾーニャを序盤には持たせない。ビルド順通りだ。

もちろん、成熟したプレイヤーであれば相手次第でBRM*2を変える事は有効だが、

これには、もう一つの目的がある。

ダメージ計算及びマナ計算の体感精度の向上だ。

チャンプ・ルーン・マスタリー・ビルドが固定化されていれば、

同じ状況ならゲーム中に常に同じダメージが出せる。

つまり【勝っているか】【負けているか】だけで、仕掛けがの成否が判断できる。

これが一つでも違うと、ダメージ計算の感覚が養う労力が増えてしまう。

相手によってビルドを変えることは、アドバンスド(応用的)な内容だ。

初級者のうちは出来なくても全く問題ない。出来なくてもレートも実力も上げられる。

 

こういった2つの理由から、先ずは使うチャンピオンとBRMを固定した。

まとめ

・LOL弱×しゃぼん氏のコーチング企画始動!

・Bronze帯は味方が強い試合でも負けているからBronzeに居る。

・先ずは味方が強い試合を取りこぼさないことを目標にした。

・初級者はロール/チャンピオン/ビルド/ルーン/マスタリーを固定することで実力向上を早められる。

 

続きは後日。 ⇒できました。

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

後書き

この記事を書いている時点で彼はBronz5/0LPから1ヶ月でBronze4昇格を果たした。

私の指導がよかったのか、味方運がよかったのかはわからないが、

しゃぼん氏が毎日努力した結果であることは間違いないだろう。

 

*1:リプレイ2本で1000円、支払い方法はWebMoney。ご依頼はTwitterDMから

*2:ビルド/ルーン/マスタリー