読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOLは弱くても勝てます【ブログ】

League of Legendsについての攻略情報ブログです。出来るだけ役立つような記事を書くつもり。毎日更新頑張れない。

LOL初心者向けおすすめ記事まとめ   LOL弱の配信

サポートはどのタイミングで深いワードを置きに行くのがよいのか?

LOL LOL-SoloQ概念 LOL-ワード

 

簡易的なものですが、この図を見てください。

f:id:Namasuo:20160912191342j:plain

例えば青側のBotレーンでいえば、

トライブッシュよりRiverブッシュ→Riverブッシュよりドラ前とTurret裏トライブッシュ→更にそれよりドラ前、Blue前、InnnerTurret前と…。まぁこんな感じで、

領域に入った瞬間に警戒したり、逆サイドへCounterGankしたり、

逆サイドレーンで積極的に1:1を仕掛けられたり、

早い段階で気づけた方が早く行動出来て、お得なわけです。

つまり簡単に言うと奥へ差せば差すほど、支配できる視界領域が広がるわけですね。

しかし…。

ワード置きに行こうっと♪キャッチされてデス!!みたいな。

まぁこれはついついやってしまいガチな事ですよね。ダイヤモンド帯でも時折見ます。

先ほども言ったように、

ワードは基本的には敵陣深くであればあるほど、置く位置の価値が高くなります。

だから出来るだけワードは奥に置きたい、

だけどキャッチされちゃ意味がないどころか大マイナスなんですよね。

キャッチされたらマイナスだけど、やっぱり出来れば奥に置きたい。

んじゃ深い位置にワードを置いてもキャッチされないためにはどうしたらいいか?

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

って自分のブログ検索したらすでに記事書いてあったーwwwww。

まぁこんだけ毎日書いていればそういうこともあるかwwwww。

 

基本的には、

敵にキャッチされないタイミングで

置きに行けば良いということです。

 

深い位置にワードを置いてもキャッチされないためにはどうしたらいいか?

⇒敵にキャッチされないタイミングで置きに行けば良い。

バカにしてませんよ。

じゃあ敵にキャッチされないタイミングっていつだ?って考えるんです。

先に提示した記事にもありますが、

敵5人の位置がわかっていれば遭遇もしなければキャッチもされないわけですね。

その為には、JunglerがTopに顔を出すとか、MidがRecallしたとか、

自分のレーン以外の状況を把握しておかなければなりません。

同時にそれを味方に伝えることがサポートの仕事でもあります。

 

「ん~…じゃあ受け身のタイミングでしかワードを差しに行けないの?」

そんなことはありません。

キャッチされたとしても、味方の人数や寄りが早ければ勝てますから、

そういう状況を自分で作ればいいんです。そしてそのもっとも簡単な方法が

 

敵をKillすることです。

 

またちょっと「ふざけてんじゃねーのか?」と思われるかもしれませんが、

本当にそういうものです。敵を倒した瞬間は、敵の人数が少ないので、

少人数:多人数でキャッチされてしまうという可能性が大幅に下がります

また、JunglerもTurretのCoverをしなければならなかったり、

此方の人数が多いのですから、逆にJunglerをキャッチすることも可能なので、

侵入によるワーディングが予測できたとしても、防ぐ手段がありません

これが一番単純明快で簡単な回答になります。

しかし回答するのは簡単でも、実際に行うのは難しいですね。

そんなにレーンでキルが取れていれば、そもそもこんなブログを見ないでしょうし笑。

 

んじゃどうするかというと、先ほど持ち出した、

少人数:多人数でキャッチされる可能性】が低ければいいわけですよね?

そうなるとKill以外にもチャンスがありそうじゃないですか…?。そう、Pushです。

此方がPushしている状況で敵レーナーが背中から回り込んでくることは困難です。

何故なら、敵が味方レーナーを乗り越えてこなければならないからですね。

f:id:Namasuo:20160912194655j:plain

例えばTurret下でFarmしている状況でRiverBushまでワードを置きに行くよりも、

中央~敵陣側で戦っている時の方が、Riverまでワードを置きに行きやすいのは、

このように味方がレーン内で壁代わりになってくれているから、というわけです。

味方が壁として機能しているうちは、

危ない!!と思ったらすぐに踵を返せば帰り道があるので、

多少リスキーなワーディングも可能になるということです。

 

とはいえ、こちらの視界が取られていたりJunglerが逆サイドに見えている場合は、

強引にでも壁を突破してキャッチすれば勝てることが分かっているので、

敵も仕掛けてきます。その辺はレーンの敵の動くを見ながら周囲して行いましょう。

まとめ

・ワードは深い位置の方が価値が高い。

・深い位置に置きに行ってキャッチされるのは本末転倒。

・キャッチされないためには、キャッチされないタイミングで置けばいい。

・瞬間的に敵の方が人数が少なくなる時はキャッチされにくい。

・つまりKillを取った後や、十分なPush状況にあるタイミングはキャッチされにくい。

関連記事

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

後書き

まぁ~大丈夫だろうと思っていても思ってた以上に敵の寄りが早かったり、

寄ってるわけじゃないんだけどたまたまかちあっちゃったり、

いろんな理由で失敗することもあると思いますが、アグレッシブに行きましょう。

レーン戦もアグレッシブに、ワーディングもアグレッシブに、

キャッチされて倒されたときは、こういう場合は無理だと気づければいいだけです。