読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOLは弱くても勝てます【ブログ】

League of Legendsについての攻略情報ブログです。出来るだけ役立つような記事を書くつもり。毎日更新頑張れない。

LOL初心者向けおすすめ記事まとめ   LOL弱の配信

○○だけは必ず視界優位を築け!!これが出来なきゃ絶対負ける!!ー序中編

LOL-ワード LOL LOL-SoloQ概念 LOL-Jungle LOL-Support

f:id:Namasuo:20160321175112j:plain

ドラゴン付近ですか?ーいいえ違います。

バロン付近ですか?ーいいえ違います。

正解は、

 

自陣ジャングル内ですね。

 

「ま~たLOL弱は当たり前な事言ってるよ」

と思うかもしれませんが、これがやはり案外存外出来てない。そして難しい

序盤

序盤は敵も味方もワードが少ないために相手の動きが把握できませんから、

相手が何処にワードをおいたか把握する術があまりありません。

Pink trinketにしていない時間帯でもあるので、

相手ジャングル内へワードを差すと非常に大きな有利が取れますし、

逆に差されていた場合は大きな不利(自陣ジャングル内で狩られる等)に繋がります。

対策としては恐らく、RaptorのSmiteバフとPinkワードくらいしか有りません。

 

ですから、

相手ジャングラーがレーン(特にサイドレーン)に顔を出した時は、

カウンターガンクできない距離ならばすぐさま相手ジャングルへ入り込んで、

ワードをばら撒きましょう。敵のレーナーも視界が無いので気付きませんし、

気付いて追ってきても味方が来れば挟み撃ちにして返り討ちに出来ます。

やはりPinkワードを早めに購入することは非常に重要ですね。 

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

中盤

そろそろ相手ジャングルに侵入する際には、

有る程度の警戒を持って入らなければならない時間帯になってきました。

リバーや相手ジャングル内で視界を取られている可能性が高くなってますし、

一気に寄られ捕まって倒されてしまう可能性がありますからね。

 

で、あるからこそ、この時間帯のワーディングや視界掌握は醍醐味です。

ケースバイケースになってしまうので細かいことは書ききれませんが、

 

一つ言えることは、青トリンケットは永続なんだから

自陣ジャングルの視界を取ることに使ったほうが良いと思う。ということです。

やはりこれも一概には言えませんし、

【相手ジャングル内を掌握する手段として射程の長い青トリンケットを活用する】

というのも一つの攻撃的な手段として有効なのですが、

やはり相手陣と自陣ジャングルだと、発見される確率が大きく違うと思うんですよね。

ステルスでない以上、敵に発見されると効力を即座に失ってしまう青トリンケットは

敵陣に使うより、自陣ジャングルを確実に安全にする為に使った方が良いと思います

 

敵陣ジャングルはステルスワードを使用して掌握した方が良いですね。

相手が自陣を把握するために、オラクルやRaptorを消費してくれれば、

相手はこちらの陣地に侵入することが難しくなります。

 

その理由は当然、リバーや此方のジャングル内のワードを把握しきれないからですね。

ワードがあるか無いか分からないのに敵陣に入っていくジャングラーは、

自陣に青トリンケットが撒いてあれば用意に囲み倒すことが出来るでしょう。

 

つまり、青トリンケットを自陣に使うと、

・永続である効果を有効に使えて

・自陣を移動する際にステルスワードを置きながら移動する必要が無くなり

・結果ステルスワードを攻撃に使えるし

・敵陣に置いたとき威力が大きいのはステルスワードの方。

って感じでしょうか。

 

あとはやはりオラクルトリンケットの存在でしょうか。

相手が黄色トリンケットのままであることが多かったり、

ジャングルアイテムが白派生だった場合は、

サポートだけでなく、ジャングラーも持つように心掛けましょう。

 

まとめ

・序盤は敵ジャングルの視界が取りやすい、こちらも取られやすい。

・だから早めにPinkワード買った方がいいかもね。

・中盤は醍醐味。人の性格が出ます。

・青トリンケットは自陣に使った方が良いんじゃないかなぁ?

・相手がステルスワード多いときはオラクルを持つように心掛けよう。

 

終盤編はこちら

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

 

後書き

視界関連の記事はまぁまず間違いなく伸びませんが。

過去のワード関連記事も紹介しておきますね。

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

↑は記事内リンクも見ておくことをお勧めします。

たいていの人が出来ていると勘違いしていて、読む必要が無いと思っているからです。

ってことは、この記事はもしかしたら他人と大きな差をつけるポイントになるかもね。

明日は中盤、終盤編を書きたいと思います。