LOLは弱くても勝てます【ブログ】

League of Legendsについての攻略情報ブログです。出来るだけ役立つような記事を書くつもり。毎日更新頑張れない。

LOL初心者向けおすすめ記事まとめ   LOL弱の配信

○○だけは必ず視界優位を築け!!これが出来なきゃ絶対負ける!!ー終盤編

f:id:Namasuo:20160322145359j:plain

昨日に引き続き視界掌握の話しです。昨日の記事は此方

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

必ず視界を取らなければならない場所とは?

 

ドラゴン付近ですか?ーいいえ違います。

バロン付近ですか?ーいいえ違います。

 

昨日の記事を読んだ人はもう分かっていますね。正解は、

 

自陣ジャングル内ですね。

 

それでは終盤編やっていきましょう。

終盤

終盤に自陣ジャングル内の視界が取れていない、

または奪われている状態と言うのは、恐らく負けているときでしょう。

 

こういう時は青トリンケットを持つ人を減らしましょう

もちろん一概には言えませんが、

青トリンケットは相手にステルス看破の能力が無くても破壊できてしまいますから、

永遠と視界を得ることが出来ない状況が続くようになってしまいます。

自陣ジャングル内にワードを置きに行くために、

青トリンケットが必要な場合も有りますが、自陣ジャングルの重要な拠点では

オラクルやピンクが無い限り破壊できないステルスワードを置くようにしましょう。

 

中盤で言った青トリンケットは味方陣地、という理論と似ていると思います。

要は、最早負けたせいで自陣ジャングルも敵領地になってしまっている状態ですね。

だからステルスワードを撒かないとだめ、ってことです。

 

余談ですが、

サポートアイテムのフロストクイーンは、

【負けている際に視界の取れていない自陣ジャングルをワーディングする】際に、

有ると無いとでは大きな差でます。この利点はかなり大きいと思っていて、

どっかで何か有効な戦略になりえるのではないかと考えています。

 

最後に

ワーディングが可能なロールと言うのはある程度限られていて、

基本的に敵陣までステルスワードを置きにいけるのはジャングラーかサポートです。

自分がMidでSoloキルをして、相手ジャングラーがTopに見えたときは、

すかさずドラグを狙ったりMidTowerを一緒に押してもらえるように言ったり、

どちらも出来ないのであれば、深い所にワーディングに行くようにしましょう。

 

敵の小さな行動を、自分の大きな有利に変える。

その最も有名な方法が、視界掌握だといえると思います。

 

まとめ

・終盤は自陣ジャングルの視界が取れていないと負ける。

・青トリに偏りすぎていると、負けているときに逆転が出来ない。

自陣ジャングルの視界が取れてないと、バロンの視界もドラゴンの視界も取れない

 

取れないというより、取りにいけないというべきでしょうかね。 

後書き

昨日に引き続き二日にわたって視界掌握関連の記事を書きました。

やはり私のロールがJg/Suppなので、その辺は書きたいと思うことが多いですね。

味方レーナーがGankを食らって死ぬのは仕方ないのですが、

その分、相手ジャングラーはレーンに顔を出しているわけで、場所が分かっています。

その情報を有効活用せずにだま~ってファームだけして、

「レーナーがGank食らって死にすぎたから負けた。」

みたいな事を言ってる奴は戦犯だと思います。まぁどうやっても無理なときも有りますが…。

広告を非表示にする