読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOLは弱くても勝てます【ブログ】

League of Legendsについての攻略情報ブログです。出来るだけ役立つような記事を書くつもり。毎日更新頑張れない。

LOL初心者向けおすすめ記事まとめ   LOL弱の配信

【ToS】Tree of Saviorのオープンβテストが開始。【ギルメン募集】

2016年8月24日15時から

MMORPG「Tree of Savior」のオープンベータテスト(以下OBT)が開始される。

以前からクライアントの先行インストールが案内されており、

8月23日15時から8月24日11時までバラック(キャラ作成)が事前公開されている。

8月24日11時から15時まではOBTへ向けたメンテナンス、

そして2016年8月24日15時からついにOBT開始だ。

 

私はMMORPGが好きで、プレイ歴を枚挙すると暇がないが、

一番最初に心を奪われたのはウルティマオンライン(通称UO)だった。

ウルティマオンライン

ウルティマオンライン

 

プレイヤーの装備は他プレイヤーのスキルによって作られ、

人と人とがかかわりを持たなければ成立しない世界がそこには作られていた。

プレイヤーの能力が数多くあり、取得できる数には上限があり、

例えば革職人と剣職人とを両立することはできないといった感じだ。

職人スキルを上げるためには戦闘スキルを犠牲にしなければならないこともあった。

そうなると職人は素材獲得の為にやはり他プレイヤーとの関わりが必要になる。

つまり職人は素材から【加工する技術】を販売できる画期的なシステムだったと思う。

昨今のMMORPGは、MMOでありながら結局は人対AIの世界観が多い。

それを殊更否定するつもりはないが、

【量産型】などという言われ方をしてしまうのは、

結局はインスタンスダンジョンに潜り、

対AI戦を行いレアアイテムを入手、要らないものは対AIで販売し、

対人販売もせいぜいオークションなどで相手の顔が見えない方法だ。

 

「あのプレイヤーはあの町で露店しているから買いに行こう」

というMMOの中で人に会いに行くという感覚が失われてきている気がする。

MMOは仮想現実世界の中に一人それぞれの人生が存在する。

それが他のゲームとは違うとても大きいポイントだと思っている。

 

さていい加減ToSに戻るとしよう。

今回のMMOもどちらかと言えば対AIの要素が大きいゲームではあるが、

Tree of Saviorの特筆すべきはその転職システムだろうか?

5つの基本職業があり、

クラスレベルが15レベルごとにクラスが上昇する。

1クラス上がるごとに2つの新職業に転職可能になる。

ここまでは割とよくあるタイプのシステムだが、

敢えて転職せずに元の職業をもう一度習得することが出来る。

例えば

・Aスタートでlv15でBとCがでて、もう一度Aをやるとか、

・Aスタートでlv15でBCがでて、Bを選んでlv30でDとEがでてABCDEどれか選ぶとか、

・Aスタートでlv15でBCがでて、Aを選んでlv30でDとEがでてABCDEどれか選ぶとか、

そんな感じ。

 

2回やったら2サークル状態になって強化される。

サークルは1つの職業で3回まで上昇可能。スキルレベル上限やスキルが解放される。

憶測だけどこういうゲームではだいたい3サークルまで伸ばした方が強くなるよね。
現段階では6クラスまで公開されていたはずだから、

3サークルまで回す前提だと

初期選択した職業2回と、どれか特定の職業1つを3回で、2職*3サークルか、

初期選択した職業1回と、どれか特定の職業3回とどれか特定の職業2回で

3職1・2・3サークルか…。はたまたてんでバラバラの方が強くなったりするのか。

ちなみにクラス選択はやり直せない。海外でもスキルリセットが販売だけで、

クラス選択リセットは存在しない。どうやら公式サイトとにらめっこするしかないぞ。

tos.nexon.co.jp

関連記事

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

 

後書き

Tree of Saviorに関しては2014年の頃から話題が上がっていて、

よく考えれば、気づけば私は丸一年半以上待たされているんですよね。

ポケモンGOの様に期待外れにならないことを祈ります。

私はライマ鯖をメインで活動する予定です。

マスターとしてかどうかはともかく、ギルド活動も視野に入れているので、

興味のある方はTwitterDMなどでコンタクトをいただければ幸いです。

是非同じギルドに所属しましょう。チーム名はnamasuoにしました。

女性キャラをやるつもりなので、語尾がoなのはちょっと抵抗があったのですが…。

まぁ仕方ないですね。とりあえず楽しみです。