読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOLは弱くても勝てます【ブログ】

League of Legendsについての攻略情報ブログです。出来るだけ役立つような記事を書くつもり。毎日更新頑張れない。

LOL初心者向けおすすめ記事まとめ   LOL弱の配信

【第十二回】日本最弱からゴールドへの道!~一ヶ月経過時点成果発表~

LOL LOL-SoloQ概念 LOL-コーチング

f:id:Namasuo:20160926203757p:plain

日本最弱のプレイヤーBronze5/0LPから

Gold到達を目指してコーチングしていく内容を公開します。

今回から毎週日曜日にコーチング企画記事を更新することにしました。【第一回】

※注意:この文章は、コーチング依頼者との最低限の信頼関係があり、先ず無条件に言われた事を行うという前提に作られたものであり、ブログ読者の方々の為に書かれたものではありませんので、理由や根拠の記述が不足しており、且つ本人個人向けのものである為、応用する際には自己責任でお願いいたします。

17日目コーチング

40分52秒、ルシアン対ジンクスの試合。

 

開始から10分、特に7分30秒頃。

弱気すぎます。もっとKillを取りに行きましょう。

死んでもいいので、練習だと思ってガンガンアグレッシブに殴りに行って、むしろ死んで下さい。ハラスして、反撃されて、逃げる。ってのが多すぎます。

ハラスは反撃されないか、反撃されても勝てるときに行うのが基本です。

ハラスして相手が反撃して来た場合には、そのままAAスキルAAスキルAA AA AAと積極的にきるを狙いましょう。

 

7分30秒頃は特に酷いですね。

2:1なのにアニーと全く戦っていません。

アニーにはミニオンの経験値を吸わせない位置に追いやるくらいの勢いで仕掛けてよかったですね。

相変わらず攻めるときのコンボはだいぶ良い感じです。良い感じなので、もっとガンガン行けばガンガンキル取れますよ。

自分のレーンを崩壊させてやる(良い意味で)くらいの気持ちで積極的に行きましょう。レーンでは積極的に、集団戦ではびびりでいきましょう。

 

10分以降。相手とLv差キル差共についています。もっともっともっと積極的に攻撃しましょう。敵にはCS取らせない、経験値も吸えない位置まで追いやる。CS取りに来たらぶっ倒すくらいの気持ちです。

まぁ色々書きましたが、ここまでは概ねGOODです。チームとしてもレーンとしても勝てていますからね。

 

12分20秒。

もっとスキルを使ってPushしましょう。

相手がリコールしていて、いないことがわかっているので、Shoveしてください。

 

13分15秒ごろ。

相手のアニーはMidアニーではありません。Supportアニーです。

火力を見誤っています。スタン後に逃げすぎています。

先ずは、ダメージを食らったら同じだけダメージを敵に与えることを考えて下さい。

ひよるな。

 

レーニングフェイズの注意点として、レーンを引きたいときはラストヒットだけ取っていれば良いが、PushしたいときはHPが残っているミニオンにもAAで攻撃して、Push力を調整する必要がある。

この辺は難しいので慣れだけれど、勝っている時に相手のタワーを攻撃するためには相手よりもPushしなければならない。

Pushすべきとき、できるときは、LH時以外もAAを入れるように。

16分時点までずーっとレーンで圧勝しているのに、敵のタワーは全く削れて居ない。

むしろこっちは削られている。勝っているのにオブジェクトが取れていないのはマズイ。

 

17分ごろ、やはりびびっている。

圧勝しているのに、装備差もレベル差もあるのにびびっている。

相手は自由にこちらのミニオンを攻撃しているのに、こちらはビビッて何もしてない。むしろ逃げ続けている。

勝っている時は、相手がミニオンを攻撃してPushしようとしたり、LHを取りに来たときにはすかさず仕掛けてダメージを与えましょう。相手が反撃してきて戦いになっても、勝てるのですから。

 

19分ごろ。

また焦ってUlt打ってますね。

 

19分半ごろ、謎のリコール。

相手のアニーはウルトも無いので、脅威はありません。

Pushしてタワーを攻撃すべきです。

リコールしたあとのレーンを見てみてください。

相手は本来、不利であるにも拘らずレーンをあとに離脱することが出来たので、

Shoveを行い、こちらがタワーにミニオンを食われてしまっています(経験値とCSを完全に無駄にLostしている)

あともう少しトリンケットを使うようにしましょう。

たまったまま放置していることが多すぎます。

レーンのBushでも、Riverでもどこでもいいです。使いましょう。

 

27分6秒。

相手のスキルが把握できていないため死んだという感じですね。

まぁ慣れだと思います。強いて言うならば、ずーっと攻撃せずに逃げ続けているので、Kiteすることを覚えましょう。ADCはKiteが出来ないと話しになりません。

攻撃しては歩いて逃げる、攻撃しては歩いて逃げる、という事を意識しましょう。

 

30分39秒。

ミニオンがいないのにタワーを殴り続けるのはやめましょう。

貴方が殴り続けていたせいで、

貴方にタワーの攻撃を当てないように味方が前にでなければいけなくなっていました。

ルシアンの射程は一般的な全ADC中もっとも短いので、

タワーを殴り難いキャラクターです。タワーを殴っているときは前に出てしまうため、

敵に仕掛けられる前に後退する察知能力が必要になります。

集団戦で5人いるのですから、少なくとも死ぬのは4番目以降になるようにしましょう。

 

31分30秒ごろ、

タワーを守る際に、敵の方が数が多く、敵へ攻撃しても逆にやられてしまいそうなときは、

ミニオンを処理することでタワーターゲットをチャンピオンに向かせてタワーを守りましょう。Ultはミニオン処理に使う分にはOKです。

 

34分20秒。

集団戦の最中にEを前に使うのはやめましょう。横か後ろ方向へ使うのが基本です。

AAの射程が把握できていない為、前にEを使って距離を縮めようとしているんですね。

ルシアンは操作の忙しいチャンプなので、慣れるまではもう少し時間が必要そうです。

レーンでは消極的で、集団戦では積極的になっています。真逆です。

レーンでは積極的に、集団戦では死なないように立ち回りましょう。

37分でダウンロードエラーになってしまいました。

 

まとめ

・基本的に積極的に行動し続けましょう。勝っている時は尚更。

・早くオブジェクトを取るようにしましょう。(Pushをする)

・ADCの場合は、レーンでは積極的に、集団戦では死なないように立ち回りましょう。

 

~1か月時点成果発表~

左が開始時、右がコーチング後です。正確には一ヶ月と7日くらいかな?

f:id:Namasuo:20160926200053j:plainf:id:Namasuo:20160926201012p:plain

・Rank試合数

106⇒146 40試合消化(ほぼ当初の予定通り一日一戦ペースですね。)

・勝率変動。

トータル勝率:28%⇒35%  Ahri勝率:29%⇒41%

(ルシアン勝率:不明⇒31% ルシアンはパッチ的にイマイチで変更予定なので上昇してはいるが無視する

・コーチング期間中勝率

トータル勝率は40試合消化したうち勝利21:敗北19戦。

コーチング期間中トータル勝率52.5%

Ahriの勝率は58*41%-(35*29%)=勝ち数、24-10で14勝。

実試合数は58-35で23戦。23戦中14勝なので、

コーチング期間中Ahri勝率61%

・LP変動。

Bronze5/0LP⇒Bronze4/13LP

コーチングの振り返り

正直この結果には私自身非常に驚きました。

コーチングを初めてたった一ヶ月で、

勝率29%の人間が勝率50%を超えられるようになるとは思っていませんでした。

Boostingなどでレートを上げたのではなく、

彼自身の実力を底上げできたわけですから、当時はかなり驚いて居ました。

もちろん、Bronze4に上がれたのは一時的なものだと認識していましたし、

レートは波打って上下しながら段階的に上がっていくものなので、

たまたま良い味方が偏っただけかもしれませんが、それにしたって十二分な結果です。

 

しかもたぶん一番大きかったのは、

「低レベルで寄らない」と「Minion攻撃を受けない」のこの2点だろうってことです。

 

レートを上げるだけなら、

Boostingすれば1か月でBronzeからGoldまで行くことも可能かもしれません。

しかし、プレイヤーの根本的な実力を引き上げることは一朝一夕では無理です。

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

3ヶ月経過した現時点で彼のレートはさらに伸び続けていますが、

これからもゆっくりと実力を向上させていけたらと思います。

まとめ

・Bronze5/0LPで勝率29%でも、ちゃんとした知識を仕入れれば簡単に勝率50%出せる。

関連記事

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

続きは来週日曜日を予定しております。⇒できました。

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

前回の記事はこちら【最弱toGold~第十一回】

初回の記事はこちら【最弱toGold~第一回】 

後書き

さて一ヶ月経過時点ではこの上ないほど良い結果を得られたようです。

しかし、この先もこの調子のまま人が成長を続けることはできるのか??

上昇したいという気持ちを維持することは難しい。

この先はコーチとプレイヤーの人間模様もご期待ください。笑。