読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOLは弱くても勝てます【ブログ】

League of Legendsについての攻略情報ブログです。出来るだけ役立つような記事を書くつもり。毎日更新頑張れない。

LOL初心者向けおすすめ記事まとめ   LOL弱の配信

ADCはやめておけ!?低レートで重要なRole選びについて。

LOL LOL-SoloQ概念

何度も言っていますがランクは自分の力でキャリーすることが重要です。

特に低レート帯を脱出したい場合は、

キャリーするためには序盤からキルを取得し、誰よりも早く対面のタワーを折り、

Roamして味方を助けつつキルを稼ぎ味方のレーンのタワーも折り、

集団戦をやるころには多少味方の操作が下手でも勝てるくらいの差をつけてやる。

こんな感じに出来ることがBestです。

 

低レートにおいてはチームの100%の力を5人で20%ずつ発揮するというより、

自分一人で80%かもしくは100%~120%くらいのチームパフォーマンスを作り出して、

味方は付け合わせ程度で考えて行動する必要があります。

これは意識さえあれば低レート帯行うことはそれほど難しくありません。

しかし高いレートになるにつれて、誰しも力が頭打ちになり、

高レートになるほど、人の2倍3倍4倍の恩恵をチームに与えることは難しくなります。

 

何が言いたいかというと、

キャリーしたいんだったら低レートでサポートとかADCはやめておけって話です。

 

ブロシルゴル辺りだと、基本ができていない人が多いので、

もし貴方の実力がちゃんと周りよりも高いのであれば、

キャリーする立ち振る舞いが比較的簡単にできる、大きな差をつけることができます。

 

しかしこれがADCやサポートだとどうでしょうか?

レーンで1キル2キルとっても、ソロレーナーに比べてレベルは劣りますよね?

つまり1:1でスノーボール出来るタイミングがより遅くなるということです。

 

最初に言った通り、低レート帯で重要なことは早い時間帯から活躍することです。

早い段階から大きく活躍できるRole=MidかJunglerですね。

まぁ一応Topも入れても構いませんが他レーンへの影響力はMidに劣ります。

Roamに関して言えばCCがある分まだサポートの方がましです。そしてPowerSpike。

早い時間帯からPowerSpikeを迎えられるチャンピオンは、

やはりソロレーナーであり、ADCにはほぼ存在しないでしょう。

 

 

ちょっと古い考えかもしれませんが、

ADCは序盤が弱いからその補助をするためにSupportがついているんですよね?

そして中盤以降にキャリーしたりオブジェクト取得するために存在している。

つまり、ADCというロールそのものが、

低レート帯を脱出する選択肢として間違っているといえます。

いや別にそれでも常に相手のADCよりも機能していれば、

いずれレートは上がっていくことは間違いないのですが、

ADCでもMidでも同じスコア、パフォーマンスが維持できるのであれば、

低レート脱出を目的とした際にADCを選択するのは効率が悪いという話しです。

 

ADCが序盤から活躍することは基本的にできません。

低レートでは序盤から活躍する必要があります。

 

要はそういうことです。

まとめ

・低レートでは序盤から活躍して試合を壊すキャリーの仕方が有効。

・ADCは基本的に序盤からは活躍できない。

・ADCやサポートをPickした時点で、序盤は味方に委ねていると言える。

・それを巻き返せるからADCやってるんだぜ。って言えないなら他のロールにすべき。

 

別にADCを低レートでやるなって話ではないのですが、

味方が序盤にコケるとADCが何もできなくなる。というのは、

Role選択の時点でわかりきっていることで、必要経費ってことです。

関連記事

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

後書き

高いレート帯だったらどうなのかということについて、

話し半分で終わってしまいましたが、

高いレート帯に行くと個々で大きな差を作ることは難しくなります。

そういった場合は均衡状態になることも少なくないので、

ADCやサポートでも十二分以上に存在価値、Role選択価値があります。

高いレート帯であればワードの位置センス、置くタイミングは重要ですが、

低レート帯であればどうせワードおいても見てません。

高いレート帯であればADCがうまいと集団戦でかなり有利ですが、

低いレート帯であればADCがうまくても育つ前に試合がぶっ壊れます。

要はそういうことです。