読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOLは弱くても勝てます【ブログ】

League of Legendsについての攻略情報ブログです。出来るだけ役立つような記事を書くつもり。毎日更新頑張れない。

LOL初心者向けおすすめ記事まとめ   LOL弱の配信

レートを上げたければ使うチャンプを固定しろ!?本当のところはね…。

LOL LOL-SoloQ概念 LOL-目先のレート LOL-初心者

f:id:Namasuo:20160531163008j:plain

今回の記事は低レートや初心者向け記事です。

結論から言うと使うチャンプを絞った方が効率は良いです。

 

理由は単純明快で、

低レートの人と言うのは操作技術も、知識も足りていないので、

何でもかんでも頑張ってやろうと思っても伸びるのが遅いってことです。

英数国理社、全部20点しか取れない人が、毎日全教科勉強するよりも、

2教科くらいに絞って勉強した方が、効率が良いって話しです。

20点しか取れない人っていうのは、【勉強の仕方】すらわからない人です。

ですから、教科を絞ることで先ず【勉強の仕方】を身に着けます

そうすることで他の教科の勉強を始めても効率よく成績をあげられるのです。

 

ですからLOLのチャンピオンに関しても同じで、

100教科以上あるチャンプを均等に練習するより、

本番では自分で選択した1教科しか使わないのですから、

その選択予定にある教科の勉強をし続けることが一番の近道になります。

(まぁ実際は2Role可能性があるので2チャンプとも言えますが)

まとめ

レートを上げることだけを考えるなら、

・最初は満遍なく練習するより、チャンプを決めて練習した方が効率が良い。

 

しかし、私がもし新しくゲームを始める人に、

レートを上げたいと言われたのではなく、LOLのコツは?と聞かれたら、

とりあえず全チャンプ1回は触ったほうが良いと思うよ。と答えると思います。

それだけで100試合以上になるわけですから、時間は掛かりますし、

仕入れる知識量も仕入れた先からこぼれていくでしょう。

しかし、それはとても重要な作業だと考えていることもまた事実です。

 

その他初心者向け記事は此方。

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

後書き

今回の記事は初心者向けの記事でありながら、

初心者に実践させたいと強く願う内容ではありません。

 

レート向上には繋がると思いますが、

チャンピオン熟練度に差が出てしまうため、

例えば一つのチャンピオンだけでRankedが上昇した場合、

他のチャンピオンを練習する場を失いかねないからです。

 

LOLの上手さとRankedの上手さと、大会チームとしての上手さは全部違います。

Rankedのレートを上げることが上手くなるための事をLOL弱では書いていますが、

それは必ずしもLOLの上手さと結びつくものではない場合もあります。

例えば今回のチャンピオン固定についても、

本来は沢山のチャンピオンを把握して、自分の好きなチャンプを見つけて、

チャンプ同士の相性に気付き、カウンターサイクルを形成して、

立ち回りなどを自分で考える力を培っていく方法が正攻法だと思います。

 

しかし、一つのチャンピオンの操作能力を特化させることは、

低レートに置いてカウンターPickを行うことより時に有用ですし、

一つのチャンピオンの操作能力向上につられて、

他のチャンピオンの操作能力が向上することも、また事実です。

(沢山のチャンピオンに触れることを優先すると、仕入れなければいけない知識やコンボが多すぎて、操作技術向上の前段階で一次停滞する必要時間が長い)

ですから、兎に角目の前のレートを上げたいのであれば、

使うチャンプを敵の相性無視して使い続けることが手っ取り早いと思いますけど、

自分の求める部分がLOLが強く上手くなりたいと思うのであれば、

沢山のチャンプに触れることをお勧め致します。