読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOLは弱くても勝てます【ブログ】

League of Legendsについての攻略情報ブログです。出来るだけ役立つような記事を書くつもり。毎日更新頑張れない。

LOL初心者向けおすすめ記事まとめ   LOL弱の配信

レーン勝てたのに~!って言うけど、それ本当に勝ってるって言えるの??

【レーン負けてない】と

【レーン勝ってる】は違うよね。

 

私はSoloQにおいて「レーンで勝った」って言うのは、

「大抵の味方ならキャリー出来るほど勝てた」時の事を言うと思っている。

対面ソロ5キル以上、RoamもFarmも失敗させ、タレットも奪ったとか、

対面キルFarm差つけられずRoam成功させまくりで他レーンオブジェクト奪ったとか。

まぁその位のスコアなら「俺は勝っているのに」と言ってもまぁ異論は無い。

(まぁそんなだとしても、逆に其処までスコアが良いのにキャリーし切れなかったって下手ってことじゃね?って思うべきだと思うけど。)

 

だけど、試合が終わった時点で対面が2~3デスとか、

自分のKDA見ても3切ってるのにも関わらず、

レーンで勝ったのに味方のせいで~と考えるのは大間違い。

レーンでイーブンだったという事は、そのレート帯の相手とイーブンだったという事。

イーブンだったら当然レートは伸びていかない。イーブン其れ即ち負け。

 

これは高レート者と低レート者で如実に表れる【考え方】の部分なんだが、

自分の力でゲームメイクするかしないか、出来るか否か。それが重要なんだ。

ちょっとくらいCSで有利取れている位で、ちょっとキル取れたくらいで、

レーンで勝ってるぜよし満足。って終わっちゃダメなんだよ。

まして、味方が弱いせいで試合に負けたなんて考えたらレートは上がらないわけ。 

 

CSで有利が取れたぞ!⇒じゃあそれを活かして何が出来る?

キルが一つ取れたぞ!⇒じゃあそれを活かして何が出来る?

圧倒的にキャリースコアだ!⇒じゃあそれを活かしてゲームをキャリーしきらなきゃ。

 

前から言っていますが、

SoloQはLOLのうまさの指標ではありません

LOLの中での個人による【キャリー力】の指標です。

味方が下手だから負けたんじゃなくて、

下手な味方をキャリーするだけの力が貴方に無かったから負けたわけです。

 

もちろん、試合の中で大きな敗因となった原因を探ることは重要です。

しかし、例えばレーニングフェイズで常に有利が築けているにも拘らず、

試合の勝率が低いのだとすれば、その後の行動に何処か問題があるだろうと、

自分を省みなければそれ以上の上達はできません。

 

井の中の蛙というか、裸の王様というか、

結局は自分を変えなきゃレートは上がらないってことです。

それを忘れないでください。

 

まとめ

・「レーンで勝てた」なら尚更キャリーしないとだめでしょ。

・キャリーできてないってことはきちんとレーンで勝ててないってこと。

・その位の厳しい目で自分を見つめ直せないとレートは上がらない。

 

試合の負けは自分の負け。

 

後書き

あ、ついでに。こういう記事を書くと、

「じゃ~俺1度もレーン負けたこと無いわwww」とか言う人が出てきそうですが、

SoloQにおいて自分に課すレーンでの負けは、イーブンです。

敵とイーブンであれば、其れ即ち負けです。

レーンで勝ったと言えるのは試合をキャリーした時だけ。

レーンで負けていないと言えるのはレーンで有利が築けているときだけ。

レーンで互角ならそれは既にレーンで負けているといえる。

その位厳しい目で自分のプレイを反省するとレートが上がります。