読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOLは弱くても勝てます【ブログ】

League of Legendsについての攻略情報ブログです。出来るだけ役立つような記事を書くつもり。毎日更新頑張れない。

LOL初心者向けおすすめ記事まとめ   LOL弱の配信

タワーを守りたい時は下がりすぎてはいけない(特にInhibiタワーの際)

LOL LOL-SoloQ概念

稀によく見るんだが、

Inhibiタワーを守る戦闘の際に、逃げすぎてネクサスタワー下まで行く人が居る。

イヤ別に、明らかに負け確定の場合ならいいんだが、

タンクや準タンクがタワー下で戦っていて、

タワー下で戦い切れれば勝てるかもしれない戦闘の時に、

【遠くへ】逃げるのが勿体無いのだ。いくつか画像を用意したので見てくれ。

f:id:Namasuo:20160620230704p:plain

Inhibiタワーとネクサスタワーの間には、

タワーの攻撃を受けない区画があるのがわかるだろう。

ここで敵に陣取られると非常に困る。Inhibiタワーを守るための加勢にいけない。

f:id:Namasuo:20160620231114p:plain

単純に上に逃げるよりも、こんな感じで左へ逃げて、敵をタワー攻撃範囲内に留め、

且つ味方に寄ってタワーを守れる位置を維持することは重要だ。

例えばADCなどをプレイしている際に、

一度ネクサスタワーの方まで追いやられてしまった場合、

味方の支援が届かない為、再度Inhibiタワーまで戻ることは殆ど不可能になってしまう。

 

もちろん、そのためにADCが集中砲火を受けて即死してしまっては意味が無いので、

あくまでケースバイケースだが、

ネクサスタワーまで追いやられたら戦力外になってしまう】という事は、

頭の片隅に置いておいて損は無いはずだ。

 

敵にこのInhibiより内側の安全地帯まで入り込まれないようにすることが、

インヒビ攻防戦やそれに伴うタワーダイブ戦などで重要になってくる。

 

逆に攻める場合はこれを活用することも可能だ。

DPSやアサシンがタワーを食らっていても、

この範囲まで侵入できれば、安全にダイブすることが出来る。

もちろん逆に言えば、Tankでタワーを受けたいのであれば、行き過ぎてはいけない。

 

守る際は引きすぎない事、

攻める際はタワーを食らわない位置を把握して仕掛けることが重要になる。

 

まとめ

・タワー範囲を把握しよう。

・タワー範囲を考慮に入れた戦闘・立ち回りをしよう。

タワーのターゲットを外す方法は【範囲外に出ること】です。

【自陣側に逃げること】だけではないので、うまく利用しましょう。

後書き

例えばゾーニャやBlinkなんかも同様ですね。

ゾーニャを使うフィドルやモルガナ、唐突なBlinkを使うレブランやゼド。

こいつらがタワーダイブした際に、自分が何処までダイブすべきか、

離脱可能な位置で浅くなのか、タワーを受ける前提の位置なのか、

もっと深く攻めて逆にタワーから外れる方法を取るのか。

そういったことを自分のRole次第で判断できるように、

というか前もって決めておくと良いと思います。