読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOLは弱くても勝てます【ブログ】

League of Legendsについての攻略情報ブログです。出来るだけ役立つような記事を書くつもり。毎日更新頑張れない。

LOL初心者向けおすすめ記事まとめ   LOL弱の配信

【Jungler用】レーナーが比較的負けている時の助け方。

LOL LOL-Jungle LOL-SoloQ概念

f:id:Namasuo:20160326224342j:plain

今回は極端に負けている時(レーンで2キルも3キル奪われてしまう時)

ではない時の、キルは取られないけどHP差きつくてCSつらそう。見たいな時用です。

 

相手のHPはフルで、こっちのレーナーのHPは3割程度、

Gankに行っても逆にキル取られちゃいそうだけど、

どうにか助けたい。

 

こんなときの方法がCover(カバー)ですね。カバーの方法は、

タワーの後ろから入ってリコールを促します。

(別に横からでも後ろからでも安全に入れれば良いんですが、

横から入ると阿呆ぅがGankだと思って突っ込んで逆に死ぬとか結構有ります。)

 

大事なことはちゃんと事前に「カバーするからリコールして良いよ。」

って伝えることですね。ソロレーンの経験値はジャングルを回るよりも多いので、

単にリコールをしてタワーに押し付けられてしまうとチームの損失が大きくなり、

また、相手が用意にCSを取ったあとでリコール出来てしまうため、

レーナー同士の差(特にCS差と装備差)が大きくなってしまいます。

 

そこでジャングラーがレーンをカバーしてあげると、

チームとしての損失も抑えられますし、

相手がリコールしようとしてもタワー下でなければ不可能ですし、

逆に此方がPushしてレーンにMinionwaveを押し付けて相手に損を押し付けられます。

もちろんタワーへの被害も減少させられます。

 

注意点としては、

相手のRecallを阻止しようとしすぎて逆にKillを取られてしまったら最悪であること。

Junglerがレーンに顔を出している時間が長いため、カウンタージャングルや、

他のレーンへのプレッシャーが弱まってしまうことですね。

 

まとめ

・Gankできないレーンを助ける方法としてカバーという選択肢がある。

・カバーした際にレーンでキルを献上するのは最悪だ。

・カバー中はプレッシャーが弱まるから侵入や他レーンは気をつける必要がある。

 

酷く負けているときはこっちを参考にしてください

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

 

後書き

卒入の季節になりましたね。

もうすぐ桜の時期です。オフ会やろうとか考えていたけど、

ブログで告知して大きいのやるのはめんどくさいんでやめました。

ツイッターでDMくれた人だけこっそり集めて飲みに行くのが良いね。

興味ある人はどなたでも絡んでくださいな。