読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOLは弱くても勝てます【ブログ】

League of Legendsについての攻略情報ブログです。出来るだけ役立つような記事を書くつもり。毎日更新頑張れない。

LOL初心者向けおすすめ記事まとめ   LOL弱の配信

30分以降にBaronが居るタイミングでBotに顔を出すな!

LOL LOL-SoloQ概念 LOL-Top

f:id:Namasuo:20161021170906j:plain

いや30分と言わず20分でも似たようなもんなんだけど、

Baronが沸いている時間帯にTPが無いのにBotにいくTopレーナーは何考えているんだ?

 

敵が5:4でBaron前で戦闘を起こしたら大負けするぞ。

下手したらBaronも取られてしまう。

TP無しでBotにBigWaveが来ている場合はどうしたら?

もっともやってはいけないことは、JunglerがBotLaneに顔を出すことだ。

SmiteによるStealが無くなれば、敵はBaronBaitをより容易に行える。

次点で悪いことは、Wave処理の遅いチャンピオンが行くことだ。

Wave処理が遅ければそれだけ時間がかかる為、4:5になる時間が伸びる。

 

さっ!っと処理してさっ!とBaronに向かうことが重要だ。

インナーやインヒビタワーに来ているMinion処理をする際に、

間違ってもRiverまで押そうなんて考えるんじゃない!!

PushLaneになるまで処理したらすぐにbaronに向かえ!!

PushLaneにし切れなくても敵がBaronを触りだしたらすぐにBaronヘ向かえ!!

 

いいか?先ずはBaron周りの視界だ。

Support一人じゃキャッチされてしまうからTankが先導して視界を取りに行け。

大体TopかJunglerの役目だろう。Baron周りの視界が無いのはSupportのせいではない。

 

んでもってBotへはWaveClearの早いチャンピオンに向かわせる。

例えばハイドラを持っているチャンピオンだとか、ハリケーンを持っている奴だ。

もしくはAOEでMinionを処理できるMageでも構わない。

またはBaronに戻る為の足が速いチャンピオンだ。

先にJunglerが処理に向かってはいけないと書いたが、

例えばReksaiのUltがあって安全且つBaronの近くに穴があるなら行っても良い。

 

「行っ【ても】良い」だからな?

どうせReksaiが顔を出したらBaronに即触りして。

Reksaiが慌ててUlt使ったら触すのすぐやめるとかで、

Ultだけ失ってWave処理はまだ必要とかにもなりかねないから、基本的にイマイチだ。

というより、

BaronFightが行われそうになっている時点で、

【TPが無く且つBotにBigWaveが来ているという状況】

それがすでに、かなりディスアドバンテージだから、

本来はそれを先ず避けるべきではあるんだが、本題からそれるので今回は割愛する。

 

TPが無いのにこの時間帯はTopレーナーがBot処理するのがセオリーだ~とか、

Shivも無くMinion処理に時間がかかるのにADCだしFarmしたい~とか、

そういう思考停止でMinion処理に向かってしまうと味方が当たられて終了する。

んでもって「なんで4:5であたるかな~Bot行くってPing出したじゃん…」とか、

Twitterでぐちぐち言って、永遠に低レートのまま終わるのが関の山だ。

 

Minion処理一つでもきちんとした明確な理由を携えて行動すること。

ワード一つでも何故そこに、何故そのタイミングで置いたか理由付けをすること。

それが大事です。

まとめ

・Baron周りの視界が欲しければTankがSupportを先導し同行する。

・TPがないならMinion処理が早い奴かBaronへすぐ寄れる奴が処理しに行く。

・ってか【TPが無く且つBotにBigWaveが来ているという状況】にならない様にする。

思考停止=レート停止停滞=退化。

 

導き出した根拠が間違っていたとしても、

自分が根拠を持って行動することを続けていればいずれ正解に近づいていきます。

一番悪いのは「なんとなく」や「気分」でプレイすることです。

後書き

私は明日誕生日を迎えます。あ、欲しいものリスト置いておきますね。

誕生日っていうのはやっぱり節目ですから、自分を省みる良い機会になりますね。

ちょっとこっぱずかしい話しで恐縮ですが、

明日は誕生させてくれた母に感謝して家に招いて誕生日会をします。

唐揚げとポテトサラダとローストビーフとグラタンとお刺身かなたぶん。

明日か明後日の記事で画像をあげると思います。