読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOLは弱くても勝てます【ブログ】

League of Legendsについての攻略情報ブログです。出来るだけ役立つような記事を書くつもり。毎日更新頑張れない。

LOL初心者向けおすすめ記事まとめ   LOL弱の配信

青バフは誰のものなのか?~重要なのは試合に勝つこと~

f:id:Namasuo:20160827180555p:plain

BlueはJunglerのものです。

正確には誰のものでもありませんが、

Smiteがある以上、取得権利は最初からJunglerに委ねられることになります。

 

Midに渡した方がよりチームにとって有益であることが多いので

Midに渡すことが一般的になっていますが、渡すか渡さないかはJunglerの判断です。

この【よりチームにとって有益だからという前提が抜け落ちている人が多いですね。

逆に言えば、よりチームにとって有益になるのであれば、

TopがとってもADCがとってもSupportがとってもいいわけです。

 

もらえることが当然だと思ってはいけません

もらえたらチームに貢献できるレーナーになって、

その時始めて文句を言う権利が生まれます。

例えばレーンで惨敗しているレーナーに渡しても、

キルは生まれませんし敵に渡る可能性も高いので、無駄と判断して、

負けているMidに渡さないJunglerは少なくないですし、間違いとも言い切れません。

(それでも渡す事でレーニングが楽にりCS差が広がらなくて済むなどのメリットも一応あるのですが)

 

例えばBlueをスマイトで奪われたとしたら、

「君に渡す気はないよ」という意思表示です。

「君に渡すより私が取った方がチームにとって有益だと判断したよ」ということです。

自分の判断と他人の判断が違うことはLOLではよくあることですから、

Blueが欲しいのにJunglerが取っていってしまうときは、

Blueもらえませんか?と尋ねてみましょう。チャットもスキルのうちです。

 

Junglerから、「こいつにBlueを渡したい!」

「こいつに渡せばキャリーしてくれる!」と思われるようなレーナーになりましょう。

まぁ、SoloQってのはそういうもんです。

JunglerにもBlueにも頼らずにレーンで勝てるようになりましょう

呼ばれていないのに勝手に寄っていって、

貰えなかったら、はてなPing炊くなんてのは以ての外です。

(呼ばれて行ったのにSmiteで取られたなら意味不明ですが笑)

まとめ

・誰の物かより、どうすれば試合に勝てるかだけを考えなさい。

・貰えなかったからと言って不快に思うことは時間と感情の無駄です。

・BlueBuffや味方に頼らずに勝つことを目指しましょう。

・チャットもチャンピオンスキルの一つです。

 

ついでに言えば、

MidにBlueを渡すことの有益性を正確に理解していないJunglerは多いです。

特に低レートでは非常に多いと思います。

ですから、低レートでは特にJunglerやBlueに頼らないで勝つことが大事です。

BlueBuffは対面を倒して奪うから要らない、くらいの気持ちでいきましょう。

関連記事

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

後書き

関連記事ではMidのものだと冗談で書いていますけどね。誰のものでもないです。

まぁ私は必ず渡しますけどねぇ…。少なくとも提案はする。

Yasuoでも渡す事を提案します。その理由を明日書いてみようかね…?書きました。

yowakutemokatemasu.hatenablog.com

FiddlesticksJungleでも2ndから渡すように心がけますね。

逆に言えば2ndを渡しても十分機能する立ち回りが出来なければ、

Fiddlesticks使いと名乗れないと思っています。

それでもMidからお前Fiddleなんだから2nd取れよと言って貰えることもありますし、

重要なことは試合に勝つためにはどうすれば良いかであって、

自分が不利だとか、自分が活躍できないとかは、どうでもいいことです。

もちろんレートを上げたいのか、笑いってプレイしたいだけなのかによりますけどね。